院長ブログ

2014年2月20日 木曜日

骨密度の検査を受けてみましょう

こんにちは、四日市市のたるさか整骨院です

骨の強度は「骨密度」と「骨質」よってきまります。骨の健康にはどちらも大切で、骨密度の値が高くても骨質が悪いと骨折しやすくなります。逆に骨質が良くても骨密度の値が低いと骨折しやすくなります。

骨質は生活習慣病からくる事から量る事ができませんが、骨密度は短時間の検査で量る事が出来ます。

骨密度の検査で骨粗鬆症のリスクを知る事によって、今後の気をつけたい食生活や運動で生活習慣病を予防・改善して骨折の予防につなげましょう。

骨粗鬆症の疑いがある現象としては
①以前より、2センチ以上背が縮んできた
②最近、姿勢が悪くなったり、腰や背中が曲がったりしてきた
③腰や背中に重い感じや痛みがある  など

 

最近は色々な病院で骨密度の検査をしていただけますので直接受診されるか、当院へお越しいただければご紹介させていただきます。


たるさか整骨院
☎059-334-3835




四日市市、桑名市、鈴鹿市で交通事故によるむち打ちや腰痛の治療、骨折のリハビリをご希望の方は、たるさか整骨院へお越しください。











投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30