院長ブログ

2014年5月31日 土曜日

熱中症には充分お気をつけください

こんにちは、四日市市のたるさか整骨院です。

少し寒いくらいの四月から、過ごしやすい五月になり、五月の下旬ともなると気温が上がる日が多くなり暑く感じるようになりました。

急な気候の変化で気温の上昇により汗もかくようになってきましたが、体がまだ汗を描くのに慣れていないため体温の調節がうまくいかずに体調を崩される方もみえるようです。

気温が高くなるのと共に熱中症になる方も増えているようです。特にこれからの梅雨の時期は湿度も高くなり体温を下げる為にかく汗が乾かないため体温が下がりにくいといわれます。

熱中症の分類と主な症状を紹介したいと思います。

①熱失神・・・顔面の蒼白や数秒間の失神、めまい、頻脈など
②熱痙攣・・・高めの体温、吐き気、腹部、手、足などのけいれんなど
③熱疲労・・・高体温(40度未満)、めまい、疲労感・虚脱感、吐き気、頭痛、多量の発汗、失神など
④熱射病・・・高体温(40度以上)、意識が無い、返事がおかしい、全身の痙攣、汗が出ない、過呼吸、まっすぐ歩けないなど

①・②・③・④の順に軽症から重症になります。④の状態の場合、ただちに救急車を呼んだ方がいいと言われています。

こまめな水分補給と休憩で予防につとめてください。

投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次 | 記事URL

2014年5月30日 金曜日

追突事故によるむち打ちの症状でお悩みの方は当院へご相談ください

こんにちは、交通事故の追突によるむち打ち症や腰痛の治療を得意としている整骨院です。

交通事故の追突による損傷で一番多い症状はむち打ち症です。後方からの衝撃で頭部が前方に振られ、次にその反動で後方に振られて鞭を打つような動きをすることからムチ打ちと呼ばれます。

むち打ちによる症状にはさまざまなものがあります。首の痛み、鈍痛、だるさ、頭痛、めまい、耳鳴り、目のかすみ、背中の痛み等で人によっては複数の症状を感じられる方もおみえです。

当院ではこういった追突事故によるむち打ちの症状の改善に努めています。

患者さまの症状に合わせて治療させていただいておりますのでご安心ください。

交通事故によるお体の痛みや不快症状でお悩みの患者さまは、当院にご相談ください。

たるさか整骨院
☎059‐334‐3835

投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次 | 記事URL

2014年5月23日 金曜日

病院や整形外科からの転院もしていただけます

こんにちは、四日市市のたるさか整骨院です。

当院では交通事故によって受傷された腰痛やむち打ち症の治療をしております。

事故当初は病院や整形外科に受診される方が多いのですが、整骨院に受診していただく方も多いのです。

レントゲンなどの検査の為に病院や整形外科を受診する必要がありますが、治療は整骨院で受けていただく事ができるのです。

初診でかかった病院に通院しなければいけないと思い込んでしまい、症状が一向に改善しないまま日だけが過ぎてしまって治療を終了してしまう患者さまもおみえです。

病院や整形に通院中でも、治療を整骨院に変わることは可能です。

他院に通院中で腰痛やむち打ち、その他の症状が回復せずにお悩みの患者さまは当院にご相談ください。

☎059‐334‐3835
 たるさか整骨院 


投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次 | 記事URL

2014年5月12日 月曜日

交通事故による腰痛の治療ならお任せください

交通事故による腰痛やむち打ち症状の治療を得意とするたるさか整骨院です。

当院には交通事故による腰痛で通院治療される患者さまも数多くみえます。

自動車運転中、後方より追突されて受傷される場合や、出合いがしらに衝突して受傷される場合など様々な外力が加わって受傷されます。

腰痛と言えば、ぎっくり腰が有名ですが交通事故の場合は通常では加わらない衝撃が腰に加わる為、ぎっくり腰などとはまた違った経過をたどることがあります。

当院では患者さまの症状、状態に合わせて治療させていただいております。

交通事故に遭われて腰痛や背中の痛み、首の痛みなどでお悩みの方は当院へご相談ください。

☎059-334-3835
  たるさか整骨院

投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次 | 記事URL

2014年5月 9日 金曜日

骨折のリハビリもお任せ下さい

こんにちは、四日市市のたるさか整骨院です。

当院は交通事故による骨折のリハビリの通院もしていただく事ができます。

手術後やギプス固定後の関節の硬い状態を拘縮といい、固定によって関節を動かさなかったことが原因でおこります。

人間の体は、ある一定の期間動かさないと硬くなってしまいます。骨折や捻挫で患部の安静が必要な場合にギプスや副木で固定しますが、この固定で拘縮が出来てしまいます。

治療には固定が必要ですが、固定の副産物が拘縮なのです。骨折は治っているのですが関節が硬くなってしまっている為に日常生活に支障をきたしてしまい、不自由を感じてしまいます。

この為、なるべく早く硬くなった関節をほぐしてあげないといけません。当院では病院勤務で得た経験をいかしてリハビリいたしております。

拘縮で硬くなった関節でお困りの方は一日でも早くリハビリをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

☎059‐334‐3835
  たるさか整骨院




投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31