院長ブログ

2014年5月 9日 金曜日

骨折のリハビリもお任せ下さい

こんにちは、四日市市のたるさか整骨院です。

当院は交通事故による骨折のリハビリの通院もしていただく事ができます。

手術後やギプス固定後の関節の硬い状態を拘縮といい、固定によって関節を動かさなかったことが原因でおこります。

人間の体は、ある一定の期間動かさないと硬くなってしまいます。骨折や捻挫で患部の安静が必要な場合にギプスや副木で固定しますが、この固定で拘縮が出来てしまいます。

治療には固定が必要ですが、固定の副産物が拘縮なのです。骨折は治っているのですが関節が硬くなってしまっている為に日常生活に支障をきたしてしまい、不自由を感じてしまいます。

この為、なるべく早く硬くなった関節をほぐしてあげないといけません。当院では病院勤務で得た経験をいかしてリハビリいたしております。

拘縮で硬くなった関節でお困りの方は一日でも早くリハビリをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

☎059‐334‐3835
  たるさか整骨院






投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次

カテゴリ一覧

カレンダー

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31