院長ブログ

2014年7月 2日 水曜日

交通事故の診断書

こんにちは、四日市市で交通事故による腰痛やむち打ち症の治療を得意としているたるさか整骨院です

交通事故が原因で痛めた症状を接骨院などの医療機関治療を受ける場合は警察に診断書を提出することが必要になりますが、最近当院であった事例をあげて説明したいと思います。

休日に追突事故に遭い、救急で地域の公立病院に受診しました。救急外来で診察を受けて帰宅し、翌日当院へ来院されました。

当院での治療をご希望されましたので、問診から視診、触診などを行ない、手続きで必要な診断書の説明をしましたところ、まだ診断書を書いてもらっていないとのことでした。

翌日、事故当日に救急受診した公立病院に診断書の依頼をしたところ、書くのに2週間ほどかかるとの返答。警察に相談して、やもえないとの事でしたが、あまりにも時間がかかる為、当院に相談されました。

警察は、早く提出して欲しいが、やもえないとのことで提出を待っていただけるとの事でしたが、患者さまの今後の通院や時間的ロスを考えると他の方法で診断書をもらう事を模索しました。

そこで当院は近医に紹介状を書いて、新たに受診して診断書を書いてもらう事を提案しました。

患者さまにも同意していただき、受診して診断書を書いてもらうことができました。

事故後最初に受診した医療機関に診断書を書いてもらうのが理想的ですが、この例のような場合もある為、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

☎059‐334‐3835
  たるさか整骨院


投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30