院長ブログ

2014年7月23日 水曜日

熱中症に気をつけてください

こんにちは、四日市市のたるさか整骨院です

連日のニュースで、熱中症によって救急車で搬送された方が大勢いると報道されています

梅雨が明けて、気温が高くなる日が多くなってきましたが、この急に気温が高くなる気候に、まだ体が対応出来ないらしく汗をかくシステムが整っていないため体温を下げる事が出来ずに熱中症になってしまう場合があるとのことでした

汗をかくことで人は体温を下げていますが、汗をかくとういことは体から水分が減ってしまうため、水分を補充しなければなりません

水分は体から減ってしまった分だけ補充しなければなりませんが、どれだけ減ってしまったのか判りませんね

そこで解りやすい水分補充の目安をお伝えします

起きて生活している時間は、1時間にコップ1杯(約180cc)を飲んでください。これで成人が一日に飲むと良いと言われている、1500ccから2000ccを摂取することができます

汗をかいている実感が無くても体から水分は失われていきます。場合によってはスポーツドリンクを飲んでも良いでしょう

トイレがちかくなると言って水分を取らないのでは無く、適量を積極的に摂取してください

部屋の温度も適温に調節する事も大切です。無理、我慢をするのでは無く快適にすごしましょう!


交通事故などで腰痛やむち打ち症にお悩みの方は、四日市市のたるさか整骨院へご相談ください

☎059-334-3835
  たるさか整骨院












投稿者 たるさか整骨院 院長 中村健次

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30